FC2ブログ

可児市で「尾木ママ」講演会~ゆめ花の書「勇気」も展示!~

 全国に先がけて「いじめの防止に関する条例」を制定した岐阜県可児市で1月10日、教育評論家の「尾木ママ」こと尾木直樹さんの講演会が、可児市文化創造センターで開催されました。
 同市は、市内の小中学校からいじめを無くすことを目指して様々な取り組みを行っていますが、尾木さんは、市いじめ防止専門委員会の特別顧問に就任しており、10日・11日の二日間で、市内の6中学校を訪問し、生徒との交流会も実施されました。
 講演で尾木さんは、「わが子を、いじめられないようにする子育てではなく、いじめっ子にしない子育てが大事」としたうえで、いじめを見抜き無くしていくには、クラス、学校、地域などの組織の中で取り組む体制が重要であると強調。子どもに対しては、いきなり叱らないで「どうしたの?」と理由を聴いて共感し、理解していくことが愛情であり、思いやる心を育てる力になると話されました。

 また、講演会の会場入り口には、12月27日に当センターから可児市へ寄贈した市原ぞうの国の「ゆめ花」が書いた「勇気」の書と新聞掲載記事、さらには子どもたちへのメッセージが展示され、訪れた人が見入っていました。

尾木ママ講演会場2

講演会場入り口に展示された「勇気」の書と子どもたちへのメッセージ

尾木ママ講演会場1

 
 
検索フォーム
リンク
QRコード
QR