FC2ブログ

人権啓発に関するフリーディスカッション開催

 去る6月8日に開催した「人権啓発研修会」の参加者が、これからの啓発の在り方を考えようと7月13日、可児市文化創造センターのワークショップルームにおいてフリーディスカッションを行いました。
 はじめに、研修会で記入されたアンケートの集計結果を吉田常務理事が報告。その後水口専務理事がコーディネーターとなり、参加者がそれぞれ映画(風のかたち)の感想を述べると共に、人権意識を高めるためにどのような学習が必要なのか意見交換しました。
 映画については「小児がんを患っても8割の方が治癒していることが理解できた」「命の尊さや人のぬくもりが伝わる内容だった」などの感想が述べられました。
 これからの啓発については「人集め(動員)して行う研修会を再考したほうがよい」「いじめ問題から人権を考える機会を作っていきたい」「日常の生活や活動の中に人権を意識することが重要」「子どもは大人を見て育つ。学校だけではなく地域で大人と子どもが一緒に学ぶ場が欲しい」などの意見が出されました。
 これらの意見を参考にして、これからも工夫をした研修会を開催し、人権が尊重される社会作りに取り組んでいくことが確認されました。

意見交換会


 
検索フォーム
リンク
QRコード
QR