FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜市で人権啓発研修会を開催

 2月27日午後、岐阜市の「ふれあい福寿会館」において「人権啓発研修会」を開催しました。

 橋本敏春代表理事会長が、開会の挨拶を述べたのち、水口好久専務理事から、当センターが実施した東日本大震災の支援活動を報告。
 活動は「めっせー字 絆 プロジェクト」ととして、子どもたちの声(メッセージ)を仙台市の清掃業者に貸し出すパッカー車の車体に貼り付け、送り届けたことを紹介。また、研修会講師である、文字職人・杉浦誠司氏の書も一緒に被災者への励ましの「めっせー字」として届けたことを報告しました。

 講師の杉浦氏は、小学校を転校した時いじめにあい、いじめを受けていたときのつらさを切々と語りました。またその後、一声かけてくれる友人によって救われたエピソードを紹介し、お互いが思いやることの大切さを訴えました。
 講演の最後には文字職人として書の書き下ろしを披露。「しあわせ」というひらがなを組み合わせて「平和」と大書し、何事も感謝の気持ちを忘れず、お互いを認め合って生きていきたいと話しました。

会長
開会の挨拶をする橋本敏春代表理事会長

専務
水口好久専務理事が支援活動を報告

杉浦氏
文字職人・杉浦誠司氏

杉浦氏書
参加者が見守る中 書き下ろしを披露

研修会場
研修会の会場
 
スポンサーサイト
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。