FC2ブログ

人権啓発研修会開く(大垣市)

 公益社団法人人権啓発センターでは9月29日、大垣市のスイトピアホールで「人権啓発研修会」を開きました。(後援/大垣市・大垣市教育委員会) 岐阜・西濃地域の行政や学校関係者60名が出席。
 橋本敏春代表理事会長の開会の挨拶に続いて、水口好久専務理事が、東日本大震災に係る支援活動の報告を行いました。支援活動に関しては、子どもたちの応援メッセージを貼り付けたゴミ収集車を仙台市の業者に貸与したことを始め、仙台市及び多賀城市への視察訪問したときの様子、さらに先方の業者から感謝のメッセージが届けられたことなどが報告されました。
 続いて文字職人・杉浦誠司さんが「いのち」をテーマに講演。杉浦さんは、転校先の学校でいじめを受けたことを話し、友だちのやさしい一言で仲間を作っていくことができたなどと体験を語りました。杉浦さんはひらがなを組み合わせて漢字にし、メッセージを発信している文字職人として、会場内で書き下ろしを披露。横3メートルほどの紙に「えがお」のひらがなで「命」となる文字を書き、命の大切さを訴える添え書きをしました。

大垣・研修会1
 スイトピアホールでの研修会

大垣・研修会3
 文字職人 杉浦誠司さん

大垣・研修会4
 書き下ろしを披露 

大垣・研修会2
 送られてきた感謝のメッセージボードなどを紹介
検索フォーム
リンク
QRコード
QR